小学校に携帯ヘルメット 1学年分を配置 (5月13日)


 平成 26年度に、折り畳める携帯ヘルメットを各小学校に1学年分配置します。

 現在、横浜市の小学校では災害用に防災ずきんを使用していますが、東日本大震災以降、児童の保護者からヘルメット使用の要望が多く私に寄せられました。
 早速教育委員会に検討を要請しましたが、ヘルメットはかさばるので不適当との回答でした。

 しかし、保護者から携帯ヘルメットの提案があり、林市長も試しに着用し、その有効性を自ら確認していました。