2014年の開幕! (1月1日)


 多くの市民の方の協力を得て、私が主導して議員提案し、成立した横浜市市民協働条例が昨年4月に施行されました。ご支援をいただいた方々に心より感謝申し上げます。

 条例施行後、民間と市役所が契約によって協働事業を行う「市民協働契約」が民間提案型を含めて11件締結されました。さらに、契約締結までに至らないまでも市民協働事業として131件が展開され、昨年はまさに新しい市民と行政のパートナーシップを構築する年となりました。
 年末には、みどり税の継続が決定しました。みどり税は、樹林地保護に大きな効力を発揮し、緑地保全地区のうち50.7haを横浜市民の土地とすることができました。今後は、樹林地を市民が利活用し、自然環境を享受できる施策展開を図っていきます。

 今年は、二俣川駅南口再開発のための既存ビルの取り壊しが始まります。また、白根地域ケアプラザも今春にオープンします。
 一方、横浜市会においては、私が副委員長を務めて推進してきた「横浜市議会基本条例」を議員提案し、成立を目指します。さらに、私が所属する「がん撲滅横浜市会議員連盟」が中心となって「横浜市がん撲滅対策推進条例」の成立も進めていきます。

 新市庁舎問題については、大規模な災害に十分対応できる市庁舎となるのか、過度な市民負担とならないのか、市のシンボルとして市民に親しみのあるものとなるかなどの観点から調査していきます。今年もよろしくお願いいたします。