アフリカ開発会議の横浜開催要 (12月29日)

 21世紀はアフリカの世紀。アジア、南米に次ぐ世界経済の発展地域はアフリカ大陸です。しかも独自の文化を築いてきました。
 先日このアフリカの開発を協議する日本の会議が横浜で開催される見通しであるという報道がなされました。第5回アフリカ開発会議が横浜に決定すると、第4回に次ぐ横浜での連続開催となります。
 アフリカ開発会議は、日本がアフリカ諸国の発展に寄与するために、5年ごとに開催している会議です。第1回目から第3回までは東京で開催され、第4回目は横浜で開催されました。
 第4回の横浜開催では、教育委員会が1校1国運動を展開して、横浜の子供たちがアフリカの文化や生活を学び、インターネット中継を利用して横浜の小学生が直接アフリカの子供たちと英語で会話をしたり、また、交通局の事業として1駅1国運動などを展開したりし、横浜あげてアフリカ諸国を歓迎しました。
 私は、第4回の開催が外務省にとってもアフリカ諸国にとっても、さらにはNGOにとっても横浜での運営が好評なことから、継続して第5回もぜひ横浜で開催するように平成20年3月の予算委員会で横浜市長に見解を求めました。そして当然、私もアフリカ開発会議を応援することを表明しました。