米軍再編による国内米軍基地問題を緊急調査するため、沖縄普天間基地を抱える宜野湾市を訪問し、現地の状況を調査しました。(10月31日)

宜野湾市を訪問
 米軍再編による国内米軍基地問題を緊急調査するため、沖縄普天間基地を抱える宜野湾市を訪問し、現地の状況を調査しました。
 宜野湾市の大半を占める普天間基地が都市の発展を大きく阻害していること宜野湾市民が常に事故にあう危険性を帯びていること広大な普天間基地に従来の1/4に当たる16機しかヘリコプターは存在しないこと宜野湾市の米国調査で、基地閉鎖となった米国内の都市が沖縄の米軍基地の移転を歓迎する可能性の高いことなどがわかりました。
 またこの日、沖縄県知事は、日米合意は受け入れられない事を正式に表明しました。
 この時の調査をもとに、11月4日の基地対策特別委員会で意見を述べました。
 その一部が神奈川新聞にも掲載されました。