2025年までの長期ビジョン策定のための横浜国際港都建設審議会の総会が開かれました。(10月5日)

 2025年までの長期ビジョン策定のための横浜国際港都建設審議会の総会が開かれ、元国連事務次長の明石起草委員会委員長より、第一回素案が示されました。
 私は、第一回素案には、役所言葉が多いこと、文化芸術による横浜らしさがない事、情報化への取組みがない事を指摘しました。
 今後分科会での議論を経て、12月に最終素案が示されることになります。
横浜国際港都建設審議会 第1部会開催