豊岡市のデマンドバスと学校の省エネ施策調査。(05/20)

 豊岡市で行われているデマンドバスの調査と学校での省エネ施策50・50システムについて、平成20年5月20日調査してきました。
 デマンドバス施策は、民間バス会社のバス路線廃止に伴い、交通不便となる地域について、一定の路線バスを確保するものの乗降客の少ない地域については、乗車したい旨の連絡のあった場合に路線を延長してバスを走らせるものでした。横浜のバス路線問題解決の大きな参考になりました。
 一方、「50・50システム」とは、細かな消灯努力などで学校での光熱費を削減した場合、その削減額の50%を学校に還元するというもので、昨年1年間で小中学校33校合わせて422万円の光熱費削減ができました。これは学校の光熱費総額の約5%に当たります。

 学校への還元金で、1輪車やボール、図書などを購入したそうです。
 児童生徒の環境意識を育てるにも役立つと思います。