窓口サービス調査(青葉区役所)(02/08)

 平成20年2月8日区役所の窓口サービスの実態を調べに、青葉区役所に行ってきました。青葉区役所の窓口は、待ち時間が長いことで知られています。昨年も最長で80分以上の待ち時間を何回も記録しています。
 市民にとって、区役所の窓口がもっとも行政とふれあう場所となります。この窓口での応対やサービスの質で役所に対する評価が決まってしまうと言っても過言ではありません。

 青葉区役所にて、利用しやすい区庁舎づくりなどを調査してきました。

 青葉区役所では、各階に案内コーナーを設けていました。しかも、派手な赤色のカウンターで、わかりやすいものになっていました。わたくしの地元旭区役所では見られない工夫です。また、番号発券機システムを採用し、番号を音声でも案内していました。
 窓口別のカラー床にしたり、立ち上がりやすいソファーを導入したり、窓口ですわって話ができるように高さの低いカウンターとしていました。
 区役所も、毎年、待ち時間を短縮するための努力をしているようでしたが、市民に自分の待ち時間がわかるものとなっていませんでした。有効に待ち時間を使えるように、この点を工夫したサービスの向上が必要です。