都市緑化対策調査(09/06)

 平成19年9月6日 大阪市なんばの再開発地区の緑化対策を調査しました。現地はかつて南海ホークスのホームグランドである大阪球場のあった地区で、2007年4月に完成した10階建て敷地面積1万坪の「なんばパークス」という商業施設です。ここの特徴の一つが都市緑化対策としての屋上公園という約3,000坪の緑地面積です。1,600KWのヒートアイランド抑制効果があるそうです。さらに驚くのは、この緑地の年間管理費は、僅か3000万円強しかかかっていないということです。大胆な発想とその経営手腕に感動しました。
 平成19年9月7日 名古屋市千種文化小劇場の壁面緑化を調査しました。千種小劇場は客席251席の小さな円形劇場ですが、敷地面積も小さいため、緑化率を確保するため壁面緑化を取り入れました。建物の東側と南側の壁面313Fすべてをノウゼンカヅラやナツヅタなど葉や花を茂らせる植物で覆ってしまいました。このことにより外気温が1~2度下がっているそうです。名古屋市では今後緑化率10%を義務づける条例を制定する予定だそうです。